サイトマップ
厳選!マンツーマン英会話の
おすすめ3選を見る

ビジネス英会話と日常英会話の違いとは

ここではマンツーマンレッスンで大きな括りとなる、ビジネス英会話と日常英会話の違いについて解説しています。

ビジネス英会話はなぜ必要?

英会話スクールでは、目的に応じて様々なコースを用意していますが、ビジネス英会話と日常英会話に分けることができます。

日常英会話ができれば、ビジネス英会話なんて習わなくても大丈夫じゃないの?と思うかもしれませんが、それは間違い。日本語にもビジネス的表現があるのと同様に、英語にも違いがあるのです。

日本語には尊敬語や謙譲語、丁寧語など複雑な敬語があり、外国人が日本語を学ぶ時に苦労すると言われます。

英語にはそこまで体系だった敬語はありませんが、日常会話では使わないような丁寧な表現は存在します。

ビジネスは相手との取引に関わりますので、そうした表現の違いを知らないと相手に失礼な印象を与えてしまい失敗する可能性も出てきます。強い信頼関係を築くにはビジネス英会話は必須と言って良いでしょう。

ビジネス英会話と日常英会話の具体的な違い

日常英会話は、どちらかというと「I’ll…」や「wanna」というようにくだけた表現で言い回しを短縮する傾向があります。

これに対し、ビジネス英会話ではより丁寧に表現するために、長い言い回しになることが多くなります。

丁寧表現というと「Please」を付けておけばよいと考えるかもしれませんが、実は命令口調のニュアンスが含まれるのであまり適切とは言えません。

何かを依頼する場合の、丁寧な表現としては「would」や「could」を使用するケースが多いです。「Will you open the door?」だと“ドアを開けてくれる?”ですが、「Would you open the door?」なら“ドアを開けていただけますか?”となります。

電話番号を聞きたい場合は、つい「What’s your phone number?」と言いたくなりますが、ビジネスでは「May I have your phone number?」としないと失礼です。

こうした丁寧表現のほかにもビジネス英会話では専門用語やビジネス用語を使用することがあります。

ビジネスシーンにおいては、日本語でも「アジェンダ」や「アライアンス」、「コンプライアンス」など、日常会話でほとんど登場しないカタカタ語をよく使用しますが、英語にもそういった違いがあります。

どういうシーンでどのような表現が適切なのかは、ビジネス英会話のレッスンを受けてみないとマスターするのは難しいでしょう。

自分の目的がビジネス英会話なのか日常英会話なのか、用途に合ったコースを選び、効率よく学ぶためのスクールを選ぶ必要があります。

マンツーマンで学べる英会話スクールを探す
マンツーマンで
しっかり学べる
英会話スクール3選

SCHOOL NO.1

高品質&好立地!
早朝深夜に通える働く人の味方

入会金: 0円

1レッスンあたり: 7,100円

※28,000円/40分×4回、1ヶ月の場合

開校時間: 7:00〜24:00

スクールのHPはこちら リンゲージ新宿本校に
問い合わせる

SCHOOL NO.2

マンツーマン専門!
知名度が高く教室も多数

入会金: 32,400円

1レッスンあたり: 7,100円

※345,060円/分×45回、6ヶ月の場合

開校時間: 7:00〜21:55

スクールのHPはこちら Gaba総合案内に
問い合わせる

SCHOOL NO.3

女性限定で
リラックスして学べる教室

入会金: 30,000円

1レッスンあたり: 6,983円

※139,667円/40分×20回5か月の場合

開校時間: 7:00〜22:00

スクールのHPはこちら bわたしの英会話総合案内に
問い合わせる